数か月に1回実施している採水地の水質検査で、有害な放射性物質はありませんでした。
調査結果は、明確にするため、クリティアを紹介するサイトにも書いてあるので、見ることができます。

南アルプスの天然水のような軟水のほうが好きな日本人が、癖がないと受け入れる水のいわゆる硬度は30程度。
現実、アクアクララの硬度はそれに合わせたかのような29.7なんです。
まるみのある口当たりで、すんなりと飲めてしまいます。

富士山近くの源泉で採取したおいしい天然水。
時間をかけていわゆる天然の濾過を受けたクリティアの軟水は、飲みやすく、ほどよいバランスで健康に必要なミネラル分が入っているとのことです。

従来型のウォーターサーバーを動かすための電気代はひと月1000円くらい。
されど、アクアクララは新しい省エネウォーターサーバーという選択肢もあり、トップクラスの安さの電気代の場合、おどろくことに一か月で350円ということができます。

嬉しいことに、コスモウォーターが入っている容器は、簡単な使いきりで、余分に空気の侵入を抑えるため、衛生面で優れているという利点が、多数の家庭で評価されています。

近年、操作が簡単なウォーターサーバーを使っているお母さん方が多いのは、電気代が心配ないためだと思います。
その電気代の低さは、一番大きなポイントになります。